HSBC香港 HSBC香港 - "預金口座の基礎情報 "

HSBCを活用する上でしっかり理解しておきたい、預金口座の基礎情報をご案内しています。

HSBCの口座は11種類の通貨に対応しています。

multicurrency

HSBCで口座を開設すると、基本通貨である香港ドルの普通預金・当座預金・定期預金はもちろんですが、日本円を含めた外貨11通貨での普通預金と定期預金での運用をすることが出来ます。

【対応通貨】

オーストラリアドル AUD (Australian dollar)
カナダドル CAD (Canadian dollar)
ユーロ EUR (Euro)
シンガポールドル SGD (Singapore dollar)
スイスフラン CHF (Swiss franc)
米ドル USD(US dollar)
ニュージーランドドル NZD (New Zealand dollar)
ポンド GBP (British Pound)
タイバーツ THB (Thai Baht)
日本円 JPY (Japanese yen)
香港ドル HKD (Hong Kong dollar)
人民元 RMB (Renminbi)

窓口で日本円の入出金もでき、日本円口座へ日本円を現金で入金する場合は、1日7万5千円までは無料となっており、それ以上については入金額の0.25%の手数料がかかります。(出金は総額の0.125%)
一方、出金では、HSBCの香港ドル口座からは、ゆうちょのATMなどで日本国内提携ATMで24時間いつでも1日2万香港ドル(約26万円)まで日本円で引き出すことができます。

HSBCを使って外貨預金をするメリットは2つあります。一つは、日本円から外貨に換える為替手数料が割安なこと、2つ目は預金金利が高い、ということが魅力的です。

Pocket


同じカテゴリーの記事

カテゴリー一覧

最新記事