HSBC香港 HSBC香港 - "口座タイプ "

HSBC香港には、3つの口座タイプがあります。口座残高に応じて維持手数料が設定されています。また、基準残高が高額なほど様々なサービスがうけられるようになっています。

HSBCで開設できる口座3種類

sample

HSBCで開設できる口座タイプには「プレミア HSBC Premier」「アドバンス HSBC Advance」「パーソナル・インテグレーテッド・アカウント Personal Integrated Account」の3種類あります。
それぞれ最低預金額やサービスが以下の様に異なります。

【 預金額に応じた3種類の口座グレード

パーソナル・インテグレーテッド・アカウント
(旧 スマートバンテージ)
預金平均残高 HKD10,000
口座維持手数料 HKD60/月
外貨(日本円)
入金手数料
15万円を超える場合:0.25%
15万円まで:無料
外貨(日本円)
出金手数料
15万円を超える場合:0.125%
15万円まで:無料
ATM1日の利用限度額 HKD20,000
アドバンス 預金平均残高 HKD200,000
口座維持手数料 HKD120/月
外貨(日本円)
入金手数料
15万円を超える場合:0.25%
15万円まで:無料
外貨(日本円)
出金手数料
15万円を超える場合:0.125%
15万円まで:無料
ATM1日の利用限度額 HKD30,000
プレミア 預金平均残高 HKD1,000,000
口座維持手数料 HKD380/月
外貨(日本円)
入金手数料
30万円を超える場合:0.25%
30万円まで:無料
外貨(日本円)
出金手数料
30万円を超える場合:0.125%
30万円まで:無料
ATM1日の利用限度額 HKD40,000

口座維持手数料とは?

口座維持手数料(Below Balance Fee)とは、開設した口座に対して徴収される、口座維持・管理のための手数料のことです。HSBCでは、開設した口座のグレードによって、基準口座残高(TRB:Total Relationship Balance)が定められています。口座の当月を含む過去3カ月の平均残高がこの基準額を下回らない限り、口座維持手数料は徴収されません。

口座残高の合計額は、香港ドル口座だけでなく、日本円や米ドルなどの外貨口座の合計額も香港ドルに換算して評価されます。口座の残高が基準額を下回らないように気を付けましょう。

口座維持手数料が発生しても、すぐに口座が凍結されるわけではありません。しかし、手数料が引き落とされ続けて、残高がゼロになってしまい、その後も放置すると数か月で口座の強制解約となってしまいますので、注意が必要です。

パーソナル・インテグレーテッド・アカウント

口座維持手数料 60香港ドル(月額約800円)ですが、3カ月平均残高が1万香港ドル(約13万円)以上で無料になります。
インターネットバンキングを主に利用すれば十分という方や、初めての方はほとんどこの口座タイプを開設しています。

アドバンス

口座維持手数料 120香港ドル(約1,600円)ですが、3カ月平均残高が20万香港ドル(約260万円)以上で無料になります。
アドバンス専用カウンターで優先対応。窓口の並び時間が少なくなります。

プレミア

口座維持手数料 340香港ドル(約4,500円)ですが、3カ月平均残高が100万香港ドル(約1,300万円)以上で無料になります。
専任担当者がつき、ドリンクサービスもあるプレミア専用ラウンジで着席対応。
また、プレミア専用支店もあり、香港国際空港到着フロアにもあり、忙しい旅行者の方にも有用です。
ファンドの販売手数料が0.5%割引となります。
Pocket


同じカテゴリーの記事

カテゴリー一覧

最新記事